サービス利用契約約款(電子書籍版)

サービス利用契約(以下「本約款」といい、本約款に基づき締結する契約を「本契約」といいます。)は、お客様(以下単に「お客様」といいます。)と株式会社ブロードリーフ(以下「BL」といいます。)との間のBLが提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用等に関する契約条件を定めるものです。ただし、本契約において本約款と異なる事項を定めたときは、本契約の定めが優先して適用されるものとします。

第1条(サービス利用の合意)

  1. 1. BLは、お客様に対し、お客様が利用を希望する本サービスを提供し、お客様は、本契約条項及びBLの定める一切の事項に従って、これを利用するものとします。なお、本サービスの内容は、別途BLのWEBサイト等で表示(以下「WEBサイト等の表示」といいます。)するものとします。

第2条(サービス利用料及びサービス利用期間)

  1. 1. お客様は、BLに対し、WEBサイト等の表示の支払条件に従って、サービス利用料を支払うものとします。この場合の振込手数料その他必要な費用は、全てお客様の負担とします。
  2. 2. BLが本サービスについて中途解約を認める場合、お客様は、WEBサイト等の表示の方法により、事前に解約を申し出るものとし、BLが承諾したときは、中途解約できるものとします。
  3. 3. 理由の如何を問わず、本サービスの利用期間終了日の属する月のサービス利用料は、日割計算を行わないものとします。

第3条(認証ツール)

  1. 1. BLは、お客様に対し、本サービスの使用につき、ID等 BLが指定する認証ツール又は認証情報(以下「認証ツール」と総称します。)を貸与する場合があります。
  2. 2. お客様は、認証ツールを第三者に開示又は利用させる行為をしてはいけません。
  3. 3. お客様は、認証ツールを善良なる管理者の注意をもって管理するものとし、認証ツールが第三者に漏洩又は不正利用されていることを知った場合は、直ちにBLにその旨を通知するものとします。
  4. 4. お客様は、認証ツールを紛失、破損等した場合、BLに対し、別途BLが指定する認証ツールの再発行費用を支払うことにより、認証ツールの再発行を受けることができるものとします。

第4条(利用条件)

  1. 1. お客様は、本サービスの利用につき、WEBサイト等の表示の条件を満たす環境 (ハードウェアの機能・性能、OS、ミドルウェア、アプリケーションソフト、通信回線、プロバイダとの契約及びコンピュータウィルスのセキュリティ対策等を含みますがこれらに限られません。)の準備・設置・設定・使用・維持等を、お客様の負担と責任において行うものとします。
  2. 2. お客様は、本契約及びWEBサイト等の表示の操作説明等(以下「本契約等」といいます。)の内容を都度確認し、本サービスの利用にあたってはこれらを遵守するものとします。また、お客様は、本サービスを自己の役員、従業員及び派遣社員等に利用させる場合 は、当該役員、従業員及び派遣社員等にも本契約等の内容を遵守させなければなりません。
  3. 3. BLは、お客様が本契約に違反していると疑うべき理由があると判断した場合、お客様に対して説明を求めることができるものとします。また、この場合、BLは、お客様又は正当な権限のある第三者の立会いの下、お客様の事業所に立ち入って調査をすることができるものとし、お客様は、これに協力するものとします。

第5条(禁止行為)

BLは、お客様に対して、本 サービス、及び本サービスの利用により、お客様がWEBサイト等で閲覧する電子書籍コンテンツ(以下「本コンテンツ」といいます。)につき次の各号の行為を禁止します。

  1. ① BLが自己の競合他社であると認める者が利用すること
  2. ② 第三者に利用させる行為をすること
  3. ③ 第三者に本コンテンツを配布すること
  4. ④ 本サービス又は本コンテンツの利用に関する権利の譲渡、転貸、担保権設定、その他一切の処分をすること。
  5. ⑤ 複製、公衆送信、変更(改良、改変、翻案、加工を含みますがこれに限られません。)及び解析(リバースエンジニアリング、逆アッセンブル、逆コンパイルを含みますがこれに限られません。)等をすること。
  6. ⑥ 本サービス又は本コンテンツに関するBL又は第三者の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為をすること。
  7. ⑦ その他BLが不適当と判断する行為をすること。

第6条(知的財産権)

  1. 1. 本サービス及び本コンテンツに関する著作権(著作権法第21条から第28条に定める全ての著作権及び将来法定されるすべての著作権を含みます。)、ノウハウ、その他一切の知的財産に関する権利は、BL又は正当な権利に基づいてBLに使用許諾等を与えた者(以下「許諾権者」といいます。)に帰属するものであり、本契約は、その帰属先を変更する法的効果を発生させるものではありません。

第7条(本サービスにおける責任)

  1. 1. 本サービスのうちBLが許諾権者から付与された使用許諾権等の権利に基づきお客様に再使用許諾している部分については、前項に基づくBLの保証は、いかなる場合も許諾権者の定める保証条件の範囲内に限定されるものとします。
  2. 2. BLは、前項をもって本サービスに関する唯一の保証とし、前項の他は、本サービスの完全性、有用性、特定目的への適合性、コンピュータウィルスの不存在やセキュリティの完全性、他人の権利を侵害していないこと等、いかなる保証も一切行いません。

第8条(仕様又は機能変更)

BLは、改善又は改良のため必要と判断した場合、お客様への事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの仕様又は機能を変更する場合があります。ただし、当該変更は、BLがお客様に対し、本サービスを無償で変更する義務又は損害賠償その他の責任を負うものではありません。

第9条(本サービス提供の中断)

  1. 1. BLは、次の各号のいずれかに該当する場合、お客様への事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの提供を中断することができるものとします。
    1. ① 本サービスの利用に関してBLが提供する設備等の故障により保守を行う場合
    2. ② 運用上又は技術上の理由でBLがやむを得ないと判断した場合
    3. ③ その他天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合
    4. ④ お客様が、本契約又はその他BLとお客様との間で締結しているすべての契約の各条項の一つにでも違反した場合
  2. 2. BLは、本サービスに関連するサーバーその他の設備等の点検やメンテナンス等を行うため、お客様に事前に通知の上、本サービスの提供を一時的に中断することができるものとします。
  3. 3. BLは、前二項により本サービスを提供できなかったことに関してお客様又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第10条(本サービス提供の廃止)

  1. 1. BLは、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部又は一部の提供を廃止することができるものとし、当該廃止日をもってお客様とBLとの間で締結している契約(本サービスに関するか否かを問いません。)の全部又は一部を解約することができるものとします。
    1. ① 運用上又は技術上の理由でBLがやむを得ないと判断した場合で、廃止日の3ヶ月前までにお客様に通知した場合
    2. ② その他天災地変等不可抗力により本サービスを提供できず、かつ前条に定める本サービス提供の中断をもってしても回復することが不可能又は困難な場合
    3. ③ BLと許諾権者間の契約が終了した場合
  2. 2. BLは、前項により本サービスを提供できなかったことに関してお客様又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第11条(本契約終了後の措置等)

お客様は、その理由のいかんを問わず、本契約が終了した場合、BLが本サービスの提供を停止することを承諾するものとします。

第12条(再委託)

BLは、BLの責任において、本契約に基づく業務の全部又は一部の履行を第三者に再委託することができるものとします。 

第13条(反社会的勢力の排除)

  1. 1. BL又はお客様は、相手方に対し、次のとおり表明及び保証します。
    1. ① 自己、自己の特別利害関係者(企業内容等の開示に関する内閣府令第一条第三十一号イに規定するものをいいます。)、自己の従業員、自己の株主又は自己の取引先が、反社会的勢力と認められる暴力団、総会屋、その他の反社会的な団体又は個人(以下「反社会的勢力」といいます。)と、名目のいかんを問わず、出資、金銭の貸借又は保証等実質的に経営を支配する金銭的な支援関係等がないこと。
    2. ② 自己、自己の特別利害関係者、自己の従業員、自己の主な株主又は自己の主な取引先が、反社会的勢力と、名目のいかんを問わず、取引関係がないこと。
    3. ③ 反社会的勢力を自己の役員に選任し、従業員として雇用し、その他有償無償名目のいかんを問わず使用していないこと。
  2. 2. BL又はお客様は、相手方が前項の各号の一つにでも違反した場合、何ら通知・催告することなく、BLとお客様との間で締結している一切の契約(本サービスに関するか否かを問いません。)の全部又は一部を解除することができるものとします。

第14条(期限の利益の喪失及び解除)

お客様は、次の各号のいずれかに該当した場合、BLに対する一切の債務について当然に期限の利益を失い、全額を現金にて直ちに支払うものとし、BLは、お客様に対して、何ら通知催告することなく、お客様とBLとの間で締結している一切の契約(本サービスに関するか否かを問いません。)の全部又は一部を解除することができるものとします。

  1. ① 本契約又はその他お客様とBLとの間で締結している契約の一つにでも違反したとき。
  2. ② 差押、仮差押、仮処分、公売処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、又は民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは破産手続開始その他倒産手続の開始の申立がなされたとき。
  3. ③ 特定認証ADR手続に基づく事業再生手続の利用申請その他これに類する私的整理手続の申請をし、又はこれらに基づく一時停止の通知をしたとき。
  4. ④ 事業の全部又は一部を譲渡し、又はその決議をしたとき。
  5. ⑤ 支払不能の状態又は手形若しくは小切手を不渡りにする等支払停止状態に至ったとき(電子記録債権につき、不渡処分又は取引停止処分と同等の処分を受けたときを含みます。)。
  6. ⑥ 競売の申し立てを受けたとき。
  7. ⑦ 監督官庁から営業の停止又は営業免許若しくは営業登録の取り消し処分を受けたとき。
  8. ⑧ 営業の廃止、変更又は解散の決議をしたとき。
  9. ⑨ その他信用状態が悪化する等債権保全を必要とする相当の事由が生じたとBLが判断したとき。

第15条(解除の効果)

  1. 1. お客様及びBLは、前二条に基づく解除をした場合において、当該解除に起因して発生した損害であっても、相手方に対する損害賠償責任を一切負わないものとします。
  2. 2. BLは、前二条に基づく解除をした場合であっても、お客様から既に受領したサービス利用料等の金銭については一切返還しないものとします。
  3. 3. 前二条に基づきBLが解除をした場合、お客様は、BL又は第三者に対して、異議申し立てや損害賠償その他の一切の請求もできないものとします。

第16条(不可抗力等)

BLは、次の各号のいずれかに該当する事由については、損害賠償その他の一切の責任を負いません。この場合、お客様及びBLは速やかにその後の対応について協議を行うものとします。

  1. ① 天災地変(火災、地震、風水害、落雷、公害、塩害等を含みますがこれらに限られません。)、戦争、暴動、内乱、テロ行為、法令の改廃・制定、公権力による命令処分、ストライキ、その他の不可抗力等、お客様及びBLの責めに帰すことのできない事由による履行遅滞又は履行不能
  2. ② 停電若しくは異常電流、電気通信事業者のサービスの停止若しくは不具合、BLシステム連携先における各種不具合、電気通信設備の保守若しくは工事、インターネットその他の通信回線の不具合、又はサーバーやホストコンピュータ等のハードウェアの不具合若しくは保守等に起因する、本サービスの利用不能若しくは障害
  3. ③ 本契約及び取扱説明等に記載されている所定の方法以外の方法に基づく利用により発生した一切の結果
  4. ④ 本サービスの誤利用、管理不備及び第三者の利用等により発生した一切の結果

第17条(損害賠償)

  1. 1. お客様及びBLは、相手方に損害を発生させた場合、本契約に特別の定めがある場合を除き、相手方に発生した損害を賠償するものとします。
  2. 2. 前項の定めにかかわらず、BLがお客様に対して負う損害賠償責任は、直接かつ現実の損害に限るものとし、その賠償金額は、その原因のいかんを問わず、お客様が損害賠償請求を行う時点から遡って1年以内にBLに支払ったサービス利用料の合計額を上限とします。

第18条(遅延損害金)

お客様が本契約に基づくBLへの代金の支払いを怠った場合は、お客様は、BLに対して、支払期日の翌日から完済日まで、年18.25%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第19条(相殺)

お客様がBLに対して本契約に基づくか否かを問わず債務を負担しているときは、BLは、当該債務と本契約に基づきお客様がBLに対して有する債権(弁済期到来の有無を問いません。)とを、いつでも対当額をもって相殺することができるものとします。

第20条(通知)

  1. 1. お客様は、会社名・代表者名・所在地・組織・事業内容その他の重要事項に変更があった場合は、その旨をその他書面BLが認める方法によりBLに速やかに通知するものとします。なお、当該通知がBLに到達しない間は、BLは当該変更がないものとして取扱うことができるものとします。
  2. 2. BLは、お客様が本契約又はその他お客様とBLとの間で締結している一切の契約に基づく債務の履行を一部でも怠った場合には、サーバーへの設定やプログラム配信その他のBLが妥当と考える方法により、本サービスの画面上に当該遅延債務の履行を促す告知文等を、BLが妥当と考えるタイミングと頻度において表示することができるものとし、この場合、お客様は、BL及びその他の第三者に対して、一切の請求も異議申し立てもできないものとします。

第21条(譲渡の禁止等)

お客様は、BLの書面による事前の承諾を得ない限り、本契約に関する契約上の地位並びに本契約から生ずる一切の権利及び義務を、第三者に移転し、譲渡し、又は担保に供する等いかなる処分もしてはなりません。

第22条(秘密保持)

お客様及びBLは、本契約の内容又は本契約に関連して知り得た相手方の営業上、技術上その他一切の情報を秘密として保持し、相手方の書面による事前の承諾なしに第三者に開示又は漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号のいずれかに該当することを客観的資料により合理的に証明できる情報及び法令により開示義務を負う場合についてはこの限りではありません。

  1. ① 開示を受けた時点で既に保有していた情報
  2. ② 既に公知である情報又は開示を受けた後に自己の責めによらず公知となった情報
  3. ③ 正当な権限を有する第三者から守秘義務を負うことなく入手した情報
  4. ④ 相手方から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報

第23条(個人情報等の取り扱い)

  1. 1. BL、並びにBLの親会社、子会社、及び関連会社(以下「BL等」といいます。)は、お客様から知得したお客様の住所、氏名、預金口座情報等の個人情報(以下「個人情報」といいます。)につき、次の各号の利用目的の範囲内で利用します。
    1. ① BL等の商品・サービスの提供、契約・取引の履行、提携先企業又はBL等の販売促進用資料・イベント・アンケート・有用と思われる商品やサービス等のご案内、BL等における商品開発・統計調査、業務上の連絡・問合せ等への対応
    2. ② BL等の商品・サービスの料金の徴収、決済及びこれらに伴う収納代行会社への連絡・問合せ等
    3. ③ 上記に付随、関連する各業務の遂行
  2. 2. お客様は、前項の利用目的の達成に必要な範囲内において、BL等が個人情報につき保護措置を講じたうえでBL等の業務委託先へ提供し、当該委託先が受託の目的に限って個人情報を利用する場合があることをあらかじめ承諾します。
  3. 3. お客様は、個人情報に関する問合せ・変更・利用停止等をBL等に対して求めることができ、BL等はこれに対して合理的な範囲で速やかに対応します。
  4. 4. BLの事業内容及び個人情報の取り扱いについては、BLのホームページ(http://www.broadleaf.co.jp)で常時掲載しております。
  5. 5. お客様は、お客様の顧客に関する個人情報について、お客様の責任と負担で、「個人情報の保護に関する法律」(同法にかかわる政令、ガイドライン等を含みます。)に従った措置を講じるものとします。
  6. 6. 前条の規定にかかわらず、BL等は、お客様が本サービスを通じて知得した一切の情報を、お客様及びお客様の顧客が特定又は判別されない情報として、お客様及びお客様の顧客の承諾を得ることなく、本サービスの不具合の改修や改良開発、マーケティング調査、統計分析、新商品や新サービスの企画・提案等を目的とした研究開発、他のお客様へのアドバイス、コンサルティング、技術情報の提供等のサポート、第三者への提供、第三者との共同利用その他一切の目的で無償で利用できるものとし、お客様はあらかじめこれを承諾します。なお、これらの利用に関して、お客様の顧客からBL等に対して異議・苦情等の申し立てがあった場合には、お客様の責任と負担においてこれに対応するものとします。

第24条(準拠法及び専属的合意管轄裁判所)

  1. 1. 本契約は、日本国法に準拠し解釈されるものとします。
  2. 2. 本契約に関する一切の訴訟については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第25条(協議)

本契約に定めのない事項及び疑義のある事項については、お客様及びBL間で、信義に基づき誠実に協議し解決するものとします。

第26条(存続条項)

第5条、第6条、第7条、第9条第3項、第10条第2項、第11条、第13条、第14条、第15条、第16条、第17条、第18条、第19条、第20条、第21条、第22条、第23条、第24条、本条、第27条及び第28条に定める各契約条件は、本契約終了後も引き続き有効に存続するものとします。

第27条(本約款の変更)

BLは、本約款をいつでも任意に変更できるものとします。BLは、本約款を変更する場合、WEBサイト等の表示により、お客様に一定の猶予期間を設けて通知をするものとし、この場合、猶予期間の経過をもって、お客様に変更後の約款の効力が生じるものとします。

第28条(完全合意・分離可能性)

  1. 1. 本約款(前条に基づく約款の変更があった場合は、変更後における最新版の約款を指します。)は、本約款の対象事項に関するお客様とBLとの間の従前のいかなる合意(書面によるか口頭によるかを問いません。)にも優先するものであり、本約款の対象事項に関するお客様とBLとの間の完全で排他的な最終の合意内容を構成するものとします。
  2. 2. 本約款の一部の条項が無効又は違法であっても、本約款の他の条項はそれに何ら影響を受けることなくすべて全面的に有効とするものとします。

以上
【2019年2月13日版】